会社情報

EDITORIAL DEPARTMENT
編集部

教育現場の声が教材作りに生かされます。


子どもたちにとって、これからの時代に対応していくためには、主体的学習態度・個性・創造性といったものがより必要になってきました。

「実際に現場で教える先生と、教えられる生徒のニーズを満たせるもの」、つまり子どもにとって「自発的に、自分のペースで納得がいく学習に繋がるもの」というのが、私たちの教材に対するコンセプトです。

そのために、企画会議には編集スタッフの他、塾や学校の先生方と頻繁に接している営業スタッフにも参加してもらいます。教育現場からのさまざまな要望や指摘、アドバイスなどをテーブルに乗せ、それらを比較検討しながら、教材の改良や新しい教材づくりに反映させ、「生きた教材」を作りあげていきます。

子どもたちに、自分に合った塾と出会い、自分に合ったテキストと出会うことで、学ぶことの楽しさを知って欲しいのです。

弊社の教材は、「よく検討されていて、基礎力を習得するには最適の内容である」と高い評価をいただいています。また、解答ミスや誤字・脱字が無いことでも知られています。そのために、編集に従事する人材は、3~5年かけてじっくりと育て上げます。

こうしたスタッフが、各教科ごとにそれぞれのエキスパートとして、編集・出版活動を支えているのです。